1. HOME
  2. M-Testについて
  3. M-Testとは

M-Testについて

M-Testについて

M-Testとは

M-Testとは、福岡県の医師である「向野義人」先生によって考案された診断・治療法で、腰痛や膝の痛み、五十肩などの関節痛をはじめとする整形外科疾患だけでなく、頭痛、めまい、不眠、鬱などの内科、精神科疾患にも有効な診断から治療までが一体化された医療技術です。

Mに込められた3つの意味

M-TestのイニシャルであるMには3つの意味が込められています。

1.Meridian<経絡>

M-Testは昔、経絡テストと呼ばれていました。経絡とは、東洋医学の概念で全身をつなぐネットワーク(経絡)のようなものです。昔の人は、その経絡や、経絡の中の要所(経穴)を治療することで、痛みや不快感などの症状に対応していました。経絡テストは、その経絡に負荷をかけることで患者さんが困っている症状が誘発されることに注目し、東洋医学の知恵を使って症状の再現と治療を可能にした治療法です。

2. Motion-induced somatic response test<動きが誘発する身体症状を評価・治療>

経絡テストが発表されて数年、経絡と身体の動きの関係性への理解が深まるとともに、海外での評価が高まって来ました。そこで、アメリカやヨーロッパ向けに発表されたのがMotion-induced somatic response testでした。海外での講習が増えるとともに、イニシャルを取ったM-Testとして拡大していきました。

3.Mukaino method<向野教授によって考案された理論>

しかし、現在では、海外では違った呼ばれ方をしています。考案者である福岡大学名誉教授の向野義人医学博士に敬意を表し、アメリカやフランスを中心にMukaino methodとして呼ばれることが多くなっています。


M-Testと鍼灸治療・西洋医学との違い

M-Testの優れた点は、その評価・治療の簡便さと再現性にあります。身体の動きを、患者さんの主観的かつ一番解決してほしい『症状』で評価するので、患者さんの一番の悩みを直接解決する方法です。東洋医学では、評価のために気・血や陰陽などの概念、脈診、舌診などあらゆる診断法をマスターしなければ、安定した評価を行えず、治療効果を発揮することができません。また、西洋医学では、検査で出てこない悩みや症状は評価の対象にならず、対応できないこともしばしばです。

M-Testは、身体の動きを評価し、経絡など先人の知恵を活用して治療します。西洋医学と東洋医学の良いところを合わせたこの方法は、腰痛、肩こり、膝の痛みなどの整形外科疾患から、頭痛、めまい、不眠、うつなどの内科、精神科疾患まで幅広い悩みに対応できます。


M-Testの基本動作は誰でも簡便に行うことができる動きからなります。動きに伴い症状が誘発されますが、それは施術者と患者さん双方が『この動作で症状が誘発される』ことを理解する共通言語となります。動きに伴う症状を分析することでどこに問題があってどのように修復すれば良いか、そのためにどのような治療を必要とするかを、施術者と患者さんで共有することができます。


評価は簡単で、かつ的確に行うことができます。また、施術の効果をすぐに実感できるため、迅速な治療が実現できます。
個々のM-Testの動きはストレッチにも応用できるため、患者さんのセルフケアツールとしても活用できます。

同時に、それぞれの動きは日常生活動作(ADL)に相当しています。治療プロセスを踏むと、どのような生活の背景から病気が引き起こされたのかを推測できます。そして、病気を長年患っていたとしても、どの動きを修復すれば症状が改善されるかを、患者さんの身体が教えてくれます。

M-Testは、目の前の患者さん一人一人の特徴に合わせて治療ができるテーラーメイドな方法であり、病気のケア、病気の予防、未病治の実現まで幅広く応用できるメソッドです。


向野先生の紹介

向野義人
医師・医学博士
1971年 九州大学医学部卒業
1977年 医学博士
1981年 福岡大学医学部第2内科講師(腎臓部門、1989年10月まで)
福岡大学体育学部(現、スポーツ科学部)教授
福岡大学病院内科兼務

福岡大学大学院体育学研究科教授
(現、福岡大学大学院スポーツ健康科学研究科)
2006年 福大病院東洋医学診療部の発足に伴い診療部長を併任(2012年3月まで)

留学
1979年 上海中医学院(現、上海中医薬大学)鍼灸部門に国から派遣(3ヶ月)
1990年 Faculty of Medicine, University of Göttingen, Germanyに留学(1年間)
Peninsula Medical School Exeter, UKに留学(1年間)

社会的活動
2004年〜2012年 あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師国家試験委員会委員長
2005年~2015年 独立行政法人大学評価・学位授与機構学位審査会専門委員(鍼灸部会)
2007年~ ケア・ワークモデル研究会会長

所属学会
日本内科学会
日本東洋医学会
全日本鍼灸学会
日本体力医学会
日本臨床スポーツ医学会
日本リハビリテーション医学会

著書多数。鍼に関する著書は英語を始め韓国語、フランス語、スペイン語などに翻訳され世界中で出版されている。